「造形教室」とは? - 皆が知りたい創造的な世界への第一歩

query_builder 2024/07/10 体験
この記事では、「造形教室」について詳しく解説します。初めての体験からの重要なスキルまで、造形教室の基本概念を探る旅に出かけます。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
ロゴ
創作活動を通じて自己肯定感を高め、新しいスキルを身につけながら創造的な問題解決に取り組むサポートを造形教室として行っています。創造性を育む環境を名古屋でご用意して、お越しをお待ちしています。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
住所:

〒458-0045

愛知県名古屋市緑区鹿山3-1

鹿山グリーンハイツ1F C

電話番号:
052-896-1511

造形教室の原点

一部の皆さまは、「造形教室」というフレーズに少し混乱されるかもしれません。始めに、基本についてお話ししましょう。

「造形」とは?

「造形」とは、物理的な形状、色、質感などを用いて美を表現する方法やプロセスを指します。これは、美術やデザインなどの領域で広く用いられる概念です。造形の技法は多種多様であり、絵画、彫刻、陶芸、立体造形など、さまざまな表現手段を含みます。例えば、絵画では絵の具や筆を使ってキャンバスに絵を描き、彫刻では大理石や木材を彫刻して立体的な作品を作り出します。造形には美的な観点だけでなく、物質の特性や物理的な制約にも配慮しなければなりません。また、造形は単に美を表現するだけでなく、メッセージや感情を伝える手段としても利用されます。例えば、彫刻作品は鑑賞者に対して特定の思いやメッセージを伝えることがあります。つまり、「造形」とは、形や質感を通じて美を表現し、意図や感情を伝えるための技術やプロセスのことを指し、美術やデザインの領域で重要な役割を果たしています。

「教室」とは?

「教室」とは、知識や技能を共有し、学ぶための場を指します。一般的には学校や教育機関での授業が行われる場所を指すことが多いですが、造形教室においては、造形の技術を学ぶ場所を指します。

造形教室では、専門の講師や指導者が存在し、参加者に対して技術や知識を教えています。教室の雰囲気は活気に満ち、創造的なエネルギーが渦巻いています。参加者同士がお互いの作品やアイデアを共有し、刺激しあいながら学び合います。

教室では、具体的なテーマやプロジェクトが設定されることがあります。参加者はそのテーマに基づいて、作品づくりに取り組みます。講師や指導者は適切なアドバイスやテクニックを提供し、参加者の成長をサポートします。

教室は学ぶだけでなく、実践的な経験を積む場でもあります。実際に道具や材料を使いながら手を動かし、作品を作り上げることで、実践的なスキルや技能を身につけることができます。また、他の参加者との交流やディスカッションを通じて、新たな視点やアイデアを得ることもできます。

「教室」という言葉は、学ぶ場所としての意味合いだけでなく、コミュニティや交流の場としても重要な役割を果たしています。造形教室では、参加者同士が共に成長し、互いに刺激しあう環境が形成されています。このような教室の風景は、創造的な世界への扉を開く第一歩となります。

造形教室で何が学べるのか?

造形教室は、あらゆる方法で美を表現する技術を学ぶ独特の場です。具体的に我々が何を学ぶことができるのか見てみましょう。

さまざまな技術

造形教室では、さまざまな技術を学ぶことができます。絵画、彫刻、陶芸、紙工芸、レリーフ作成など、多岐にわたる表現手法があります。これらの技術は、それぞれ独自の特徴や魅力を持ち、異なる視点から美を表現する方法を提供します。

まず、絵画は色や筆触を使ってキャンバス上に絵を描く技術です。絵画を通じて、色彩の配色や構図、光と影の表現など、美しい世界を表現する力を養うことができます。また、彫刻では立体的な作品を制作します。大理石や木材、金属などの素材を用いて物理的な形状を彫り出し、質感や立体感を表現する技術が求められます。

陶芸は粘土を使って器や彫像を作り出す技術です。手捏ねやろくろを使った成形や、釉薬を用いた装飾など、造形教室での陶芸作業は独特の感触や味わいを生み出します。紙工芸では紙やカードを折ったり切ったりして、さまざまな形状や模様をつくります。折り紙や切り絵などを通じて、緻密な作業や集中力を高めることができます。

また、レリーフ作成は平面の表面に浮き彫りのような立体模様を作り出す技術です。レリーフ作品は壁面やパネルに装飾として使用されることがあり、幅広い素材やテクニックを用いて表現することができます。

これらの技術を学ぶことで、美的センスや創造力を養うだけでなく、手先の器用さや集中力も向上させることができます。造形教室では、理論的な知識だけでなく、実践的なスキルを習得することができます。自分自身の表現力を広げ、美しいアートを創り出す喜びを体験することができるでしょう。

思考の訓練

造形教室は、美しいアートを作り出すために必要な視覚的な洞察力や創造的思考スキルを養う場でもあります。思考の訓練は、造形教室に参加する価値の一つです。

まず、造形教室では視覚的な洞察力を鍛える機会があります。作品における構図やバランス、色彩の配色に注目し、美意識を高めることができます。また、立体造形を通じて空間の把握や物体の形態について考える機会も提供されます。実際に手を動かしながら、物体や空間を想像し、表現する能力を磨くことができます。

さらに、造形教室は創造的思考を育む場でもあります。与えられたテーマや課題に対して、新たなアイデアや解釈を生み出すことが求められます。自分自身の発想力や想像力を活かし、独自の視点からアートを創造することができます。他の参加者との意見交換や批評の場でもあり、多様な視点やアプローチを学ぶことができます。

さらに、造形教室では試行錯誤や問題解決のプロセスにも取り組むことができます。自分の作品を制作するなかで、材料や技術の限界に挑戦し、課題を解決するための方法を見つけることが求められます。失敗やミスも経験の一部として受け入れられ、それを次の試みに活かすことができます。

思考の訓練は単に造形技術の向上だけでなく、日常生活や仕事においても役立ちます。創造的な問題解決や柔軟な思考力は、様々な場面で求められるスキルです。造形教室を通じて養われた思考の柔軟性や創造力は、個人の成長や才能の開花につながるだけでなく、社会全体の豊かさや進歩にも寄与することができるのです。

何のために造形教室に通うのか?

物事を学ぶ動機は人それぞれだとは言え、暗黙の理解や共有された価値観が存在します。では具体的には、我々がどのような理由で造形教室に参加するのでしょうか?

新しいスキルを学ぶ

造形教室に参加する理由の一つは、新しいスキルやテクニックを学ぶためです。造形教室では、専門の講師や指導者から直接指導を受けながら、様々な技術を習得することができます。

まず、造形教室では基本的な技術から学び始めることが一般的です。例えば絵画の場合、筆の使い方や色彩の配色、構図の構築など、絵画の基本的なテクニックを学びます。彫刻や陶芸では、素材の扱い方や彫刻刀の使い方、成形や焼成のプロセスなど、基本的なスキルを身につけることが重要です。

そして、基本的な技術を学んだ後は、さらに高度な技術や応用技法に挑戦することができます。例えば、絵画では写実的な描写や特殊な筆法を学び、より緻密でリアルな作品を制作することが可能です。彫刻や陶芸では、立体感や質感をさらに追求し、独自の作品を創り上げることができます。

また、造形教室では単に技術だけでなく、創造性や表現力を高めるための学びも提供されます。講師や指導者からのアドバイスやアートの理論的な知識は、自身の作品づくりに活かすことができます。また、他の参加者との交流や作品の発表の場を通じて、自身の作品をより良くするためのフィードバックやアイデアを得ることができます。

新しいスキルを学ぶことは、自己成長や個人的な創造性の開花につながります。造形教室の学びを通じて、自分の可能性を広げ、新たな才能や情熱を発見することができるでしょう。何か新しいことに挑戦したいと思うならば、造形教室での学びが一つの選択肢となることでしょう。

リラクゼーションとストレス解消

造形教室は、リラクゼーションやストレス解消の場としても効果的です。創造的な活動を通じて心の安定や癒しを得ることができるのです。

まず、造形アートは心地よいリズムを生み出し、心と心を落ち着ける効果があります。作品を制作する過程での手の動きや材料との触れ合いは、集中力を高め、心身をリラックスさせる効果があります。また、作品づくりに没頭することで日常のストレスから離れ、リフレッシュすることができます。自分自身のアート作品を通じて、自己表現や内面の感情を解放する機会も提供されます。

さらに、造形教室では自己発見や自己成長の過程が重要な要素となります。自身の感性や想像力を活かしながら作品を制作していくことで、自己肯定感や自信を深めることができます。また、他の参加者との交流や作品の発表の場では、自分の作品を他人と共有することで、自己表現の練習や自己理解の機会を得ることができます。

ストレス解消に関しても、造形教室は効果的です。日常の忙しさやプレッシャーから離れ、アート作品の世界に没頭することで心を解放し、気持ちをリフレッシュすることができます。また、他の参加者との交流や作品の発表の場では、笑いや共感などによるストレス解消の効果も期待できます。創造的な活動を通じて、マインドフルネスな状態に入ることも可能です。

ストレスを感じる人々にとって、造形教室は心の安定や癒しをもたらす場となります。ストレスを発散し、リフレッシュする機会を提供してくれることでしょう。心身のバランスを整え、心地よい時間を過ごすことができるのです。

誰が造形教室に参加するのか?

造形教室は、年齢、性別、背景などと無関係に、多様な人々が参加できる場所です。以下、一例を挙げてみましょう。

子供たち

子供たちは造形教室に参加することで、創造性を育むとともに、手先を使うことにより精神的な安定を得ることができます。

まず、子供たちが造形教室に参加する利点の一つは、創造性を育むことです。子供たちは豊かな想像力を持ち、自分自身のアイデアを表現することに興味や喜びを感じます。造形教室では、絵画や彫刻、陶芸などさまざまな技法を通じて、子供たちの創造力を引き出す機会が提供されます。彼らは自由な発想と表現を通じて、独自の作品を作り上げることができます。

また、造形教室は手先を使うことによる精神的な安定をもたらします。子供たちは造形作業を通じて手先を器用に動かし、物質と触れ合うことで、集中力を高めたりリラックスしたりすることができます。手作業の達成感や自己表現の可能性を感じることで、心の中に安定感や満足感を生むことができます。また、集中力の向上や手の器用さの発展は、学習や日常生活にも良い影響を与えることが期待されます。

さらに、造形教室は子供たちの社会的な成長にも寄与します。他の子供たちとの交流や作品の発表の場では、共同作業やコミュニケーションのスキルを身につける機会があります。子供たちはアイデアや技術を共有し、お互いの作品を称賛したり助け合ったりすることで、チームワークや協力の重要性を学ぶことができます。これらの経験は、子供たちの自己肯定感や社会的な関係構築能力の成長に寄与します。

子供たちにとって、造形教室は創造力の芽生えを促し、心を満たす場となります。創造的な表現の喜びを実感しながら、自己成長や社会性を育むことができるでしょう。

大人たち

大人たちは、趣味の一環としてまたはストレス解消のために、造形教室に参加します。また、専門的な技術の修練のために通うこともあります。

まず、大人たちが造形教室に参加する理由の一つは、趣味の一環としての楽しみです。忙しい日常生活の中で、創造的な活動を楽しむ時間を持つことは貴重です。自分自身のアイデアや感性を表現する喜びや満足感を味わいながら、ストレスやプレッシャーから解放されることができます。また、造形教室は大人たちにとって新たな趣味や興味の発見の場となることもあります。自分の才能や可能性を引き出し、新たな創造的な世界に飛び込むことができるでしょう。

さらに、大人たちはストレス解消のためにも造形教室に参加します。仕事や家庭のプレッシャーから解放され、アート作品づくりに没頭することでリフレッシュすることができます。作品制作の過程は心を落ち着かせ、リラックスさせる効果があります。手先を使いながら材料と触れ合い、心を癒し、ストレスを軽減することができます。また、造形教室では他の参加者との交流や作品の共有の場も提供されます。他の大人たちとのコミュニケーションや共感を通じてストレス解消の効果も期待できます。

一方で、大人たちが造形教室に参加する理由の一つには、専門的な技術の修練があります。美術やデザインの専門的な技法やテクニックを学びたいという意欲がある人々が、造形教室で学ぶことがあります。絵画や彫刻、陶芸などの専門的な技術や知識を習得することで、より高度な作品制作が可能になります。また、造形教室は専門家や講師との交流の場でもあり、専門的なアドバイスやフィードバックを得ることができます。

大人たちにとって、造形教室は心身のリフレッシュや創造的な表現の喜びをもたらす場となります。趣味や興味の追求、技術の向上を通じて、自己成長や自己満足を追求することができるでしょう。

造形教室で得られるメリットは何か?

造形教室に参加することで得られるメリットや恩恵の範囲は非常に広いです。ここでは主なメリットについて解説します。

創造性の育成

造形教室に参加することで、創造性を育むことができます。創造性は、新しいアイデアや独自の視点を持ち、それを具現化する能力です。

まず、造形教室では思考を豊かにすることで創造性を育みます。参加者は自由な発想やアイデアを大切にし、それを作品に反映させます。他の参加者との交流や作品のディスカッションを通じて、新たな視点やインスピレーションを得ることもあります。これによって、自身の創造性を探求し、常に新たなものを創り出す能力が養われます。

さらに、造形教室ではアイデアを形にする技術を身につけることができます。参加者は様々な素材やテクニックを使いながら、自分のアイデアを実現する方法を学んでいきます。具体的な技法や制作プロセスを通じて、アイデアを具現化するスキルが向上します。また、作品を制作する中での試行錯誤や失敗も、創造性を引き出す経験となります。ユニークな作品づくりに挑戦する過程で、自身の創造性の可能性を広げることができます。

創造性の育成は、個人の成長や才能の開花にとても重要です。創造力を持つことは、問題解決能力や柔軟な思考力を養い、新たなアイデアやイノベーションを生み出す力となります。造形教室では、創造性を鍛えることで、自己表現やアート作品の魅力を最大限に引き出すことができます。自身の思考力や表現力を高めながら、創造的な世界に一歩踏み出してみましょう。

精神の安定

造形教室は、創造的な活動を通じて精神の安定をもたらす効果もあります。

まず、創造的な活動は心地よいリズムを生み出し、心と心を落ち着かせる効果があります。造形教室では、手を動かし作品を制作する過程での集中力や没頭感は、心をリラックスさせる効果があります。材料と触れ合いながら、自分の内面に向き合い表現することで、心の中に安定感や満足感を生むことができます。また、創造的な活動を通じて自己表現や内面の感情を解放する機会も提供されます。

さらに、造形教室はストレス解消の場としても機能します。日常の忙しさやプレッシャーから離れ、アート作品の世界に没頭することでストレスを軽減することができます。創造的な活動は心を解放し、気持ちをリフレッシュさせる効果があります。また、作品制作中に他の参加者との交流や作品の発表の場があることで、共感や支え合いを感じることができます。これらの経験によってストレス解消となり、心身のバランスを取り戻すことができます。

さらに、造形教室は創造的なエンデバーを通じて内省や成長のプロセスにも役立ちます。アート作品を制作する過程で、自分自身と向き合って内面的な探求をすることがあります。また、他の参加者との交流や作品の発表の場では、自己表現やアイデアの共有が行われます。これらの経験は自己理解や自己肯定感の向上に寄与します。創造的な活動を通じて自己成長を実感し、精神の安定を得ることができるでしょう。

造形教室は、創造的な活動を通じて心を落ち着かせ、精神的な安定をもたらす場となります。心身のリフレッシュや心地よい時間を過ごすことで、生活の質を向上させることができます。心のバランスを整えながら、創造的なエネルギーを発揮しましょう。

造形教室で注意すべきことは?

造形教室に参加する際には、基本的なマナーを守ることが求められます。一緒にレッスンを楽しみ、皆で創造的なエネルギーを共有しましょう。

教材の扱い

造形教室に参加する際には、基本的なマナーを守ることが求められます。特に、教材の扱いには注意が必要です。

まず、共有の教材や設備を丁寧に扱うことが大切です。造形教室では、絵の具や筆、彫刻刀、陶芸用具など、さまざまな教材が使用されます。これらの教材は他の参加者と共有するものであり、大切に扱うべきです。使用する際には、きちんと手入れして清潔な状態に保ち、使い終わったら元の場所に戻すようにしましょう。教材や設備を大切にすることは、他の参加者との共同作業を円滑に進める重要な要素です。

また、使用した教材や材料の処理も忘れずに行うことが大切です。造形教室では、絵の具の余りや粘土のかけらなど、残り物を無駄なく使うように心がけることが美的な観点からも大切です。また、特定の廃棄物や危険物が発生する場合には、正しい方法で処理するようにしましょう。環境に配慮し、教室内外を清潔に保つことも重要です。

教材の扱いには丁寧さと責任を持って取り組むことが求められます。他の参加者が使用する前後には、使用した教材を元の状態に戻すか、次の参加者に引き渡すようにしましょう。教材を大切に扱う姿勢は、教室内でのマナーや協力の態度を示すものとして重要です。共有の環境を尊重し、心地よい教室の雰囲気を保つために、教材の扱いには十分な注意を払いましょう。

お互いの作品を尊重

造形教室では、お互いの作品を尊重することも重要です。他の参加者の作品は彼らの創造的な表現であり、個々のアイデンティティを反映しています。

まず、他の参加者の作品に対して興味や尊敬の目を持つことが大切です。造形教室では、さまざまなバックグラウンドやスキルレベルを持つ人々が集まります。そのため、他の参加者の作品には多様なスタイルやアプローチがあります。これらの作品を真摯に受け入れ、興味を持ち、共感することが大切です。他の参加者との相互尊重の態度が、良好な教室環境を作り上げます。

また、他の参加者の作品に対して批判的な態度を持つことは避けましょう。個々の作品は個人の努力や感情が込められており、批判的な言葉や態度は傷つけることにつながります。代わりに、建設的なフィードバックや励ましの言葉を提供することで、他の参加者を支えることができます。共感力と思いやりを持ちながら、他の参加者とのコミュニケーションを築くことが大切です。

さらに、他の参加者の作品への触れ方にも注意が必要です。無断で触ったり、作品を傷つけたりすることは避けましょう。他の参加者の作品は個人的な表現であり、一つの作品を通して彼ら自身のアイデンティティが宿っています。作品への尊重を示すためには、他人の作品に触れる際には必ず許可を得ることが大切です。

お互いの作品を尊重することで、造形教室のアットモスフィアはより良いものとなります。他の参加者の作品に興味を持ち、共感と励ましの言葉を交えながら、お互いに学び合い成長することができます。個々の作品を尊重し、他の参加者との相互理解を築くことで、良い関係性を構築しましょう。

最後に:造形教室への道標

最後に、この記事を通じて、「造形教室」という奥深い世界の一端を覗くことができたことを願っています。

始める一歩

興味があるなら、ぜひ一度、造形教室に足を運んでみてください。新しい才能を見つけるかもしれませんし、新たな趣味を見つけることもできるでしょう。

造形教室への参加は、創造的な世界への扉を開く一歩となります。初めての方でも心配することはありません。造形教室では、初心者から経験者まで、さまざまなレベルの人々が歓迎されています。熱心な講師や指導者が丁寧にサポートしてくれるので、初めてでも安心して参加することができます。

また、造形教室は個々のペースで学ぶことができる環境です。プレッシャーや競争ではなく、個人の成長や表現力の向上に焦点を当てています。自分自身のペースで探求し、アートの世界に没頭することができます。他の参加者との交流や作品の発表の場も提供されるので、自分の作品を共有する素晴らしい機会となります。

また、造形教室への参加が新たな趣味を見つける一歩となることもあります。アート作品づくりは創造的な活動だけでなく、リラックスやストレス解消にもつながることがあります。自分自身の表現力を広げるだけでなく、新たな趣味や興味を発見することもできるでしょう。人生において新しいエンデバーを始めるチャンスを掴むためのステップとなります。

造形教室への参加は、創造性や表現力を深め、新たな才能やアイデアを発掘する機会です。一歩踏み出し、自分自身の可能性を広げるために、ぜひ造形教室へ足を運んでみてください。新たな世界が待っています。

積極的な参加

一部だけでなく全てを体験することで、造形教室の真価を実感することができます。積極的な参加が大切です。以下は、積極的な参加のポイントです。

まず、自分のアイデアや想像力を自由に発揮することが重要です。造形教室では、自身の創造性や表現力を引き出すための場が提供されます。新たなアイデアや独自の視点を積極的に取り入れ、自分の作品に反映させることで、独自のスタイルや個性を発揮することができます。

また、他の参加者とのコミュニケーションや交流にも積極的に参加しましょう。他の参加者と意見やアイデアを交換することで、新たな視点やインスピレーションを得ることができます。アート作品のディスカッションやグループプロジェクトに参加するなど、共同作業や協力の中でコミュニケーションスキルを磨くことも重要です。

さらに、講師や指導者からのアドバイスやフィードバックにも積極的に耳を傾けてください。彼らは専門知識や技術を持っており、あなたの成長をサポートしてくれます。助言や指示を素直に受け入れ、作品づくりの指導を受けることで、より進歩することができます。また、自身の制作過程や作品に対しても、建設的なフィードバックを求める姿勢を持つことが大切です。

積極的な参加は成長と学びの一途を辿るためのカギとなります。アート作品づくりのプロセスを楽しみながら、自己成長や創造性を追求しましょう。自分自身のアイデアや独自の表現を活かし、他の参加者とのコミュニケーションを通じて刺激を受けながら、造形教室の魅力を最大限に引き出しましょう。積極的な参加によって、より豊かな経験と成果を得ることができるのです。

まとめ

造形教室とは、創造性を深め、新しい技術を学び、精神的な安らぎを得る場所だということを理解しました。

造形教室への招待

あなたもこの魅力的な世界に一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?造形教室への参加は、創造性の開花や精神的な充実感を得るための素晴らしい機会です。

造形教室では、自分自身のアイデアや感性を自由に表現することができます。アート作品を通じて、新たな視点やインスピレーションを得ることができます。どんな経験やバックグラウンドを持っていても、自己表現の可能性を広げることができるのです。造形教室への参加は、あなたの創造力や表現力の成長に繋がるでしょう。

また、造形教室は他の参加者との交流や作品の発表の場でもあります。新たな人々との出会いや共有の体験は、感性や視野を広げる上で大変貴重です。アイデアや技術を共有し、お互いを刺激しあいながら、共に成長していくことができます。

さらに、造形教室は創造的な活動を通じて心を豊かにし、精神的な安らぎをもたらしてくれます。日常の喧騒やストレスから離れ、アート作品に心を込めることでリフレッシュすることができます。アートの世界では時間が忘れられ、自己の内面に没頭することで、心身のバランスを取り戻すことができるでしょう。

造形教室への参加は、あなたが持つ創造性や表現力の可能性を広げる素晴らしい機会です。ぜひ一度足を運んでみてください。新しい才能やアイデア、素晴らしい出会いがあなたを待っています。造形教室のドアが開かれています。あなたの創造的な旅が始まることを楽しみにしています。

一緒に学び、成長する

造形教室は一緒に学び、共に成長する場です。他の参加者との経験や作品の共有を通じて、互いに刺激を受けながら進化していくことができます。

造形教室では、他の参加者との協力やコラボレーションによる学びも重要です。グループプロジェクトや共同作品に参加することで、他の人々との協力やチームワークを養うことができます。お互いのアイデアや技術を結集し、より豊かで絶妙な作品を作り上げることができるでしょう。一緒に学びながら成長することで、お互いに刺激やインスピレーションを与えることができます。

また、講師や指導者とのパートナーシップも重要です。彼らは専門的な知識や経験を持ち、あなたの成長をサポートしてくれます。積極的にアドバイスや指示を受け入れ、彼らとのコミュニケーションを通じて自分自身を向上させることができるでしょう。彼らとの信頼関係を築きながら、共に学んで成長していくことが大切です。

一緒に学び、成長することは、自身の創造性や表現力を最大限に引き出すための貴重な機会です。他の参加者や講師との交流を通じて、新たな視点や技術を学び、自身の作品制作を進化させることができます。また、他の人々の作品や進歩も見ることで、自らの成長に大いに刺激を受けることができるでしょう。

造形教室は、一人で作品を作るだけでなく、他の参加者との協力やアートコミュニティの中で共に学ぶ場でもあります。一緒に学び、刺激し合い、成長し合うことで、より充実したアートの世界を築いていきましょう。互いの作品と心の成長を共有しながら、素晴らしいアートの旅を楽しみましょう。

そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
ロゴ
創作活動を通じて自己肯定感を高め、新しいスキルを身につけながら創造的な問題解決に取り組むサポートを造形教室として行っています。創造性を育む環境を名古屋でご用意して、お越しをお待ちしています。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室

〒458-0045

愛知県名古屋市緑区鹿山3-1

鹿山グリーンハイツ1F C