造形教室: 幼児の才能を刺激するアート活動

query_builder 2024/06/18 体験
この記事では、造形教室で幼児が体験できるさまざまなアート活動について掘り下げています。親御さんが少しでも造形教室に興味を持って頂くため、幼児の心を豊かにする造形教室の重要性も紹介します。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
ロゴ
創作活動を通じて自己肯定感を高め、新しいスキルを身につけながら創造的な問題解決に取り組むサポートを造形教室として行っています。創造性を育む環境を名古屋でご用意して、お越しをお待ちしています。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
住所:

〒458-0045

愛知県名古屋市緑区鹿山3-1

鹿山グリーンハイツ1F C

電話番号:
052-896-1511

なぜ造形教室は重要なのか?

幼児時代は、子供の想像力と創造性を育む最適な期間です。ここでは、造形教室がその大切な役割をどのように果たしているかを見てみましょう。

造形教室の役割

造形教室は、幼児の創造力と自己表現を刺激する重要な役割を果たしています。幼児期は想像力が豊かで、無限の可能性を秘めた成長の時期です。造形教室では、手を動かし、色や形を使ってアイデアを形にすることで、幼児の思考力や感性を養います。子供たちは自由に表現することを通じて、自分自身の世界を広げ、他の人とのつながりを育みます。また、造形教室では様々な素材に触れる機会も提供されます。虹色の絵の具や模様のついた紙など、豊かな感受性を育みながら、自分自身の感じ方や思考力を深めることができます。造形教室での活動は、単に物を作るだけでなく、子供たちにとっての無限の可能性を引き出す場でもあります。幼児の心を豊かにし、成長と発展を促すために、造形教室は重要な存在です。

造形教室での活動への幼児の反応

造形教室での活動に対する幼児の反応は非常に興味深いものです。幼児たちは多様な素材と触れ合うことで、感受性が豊かになります。新しい色や形に出会うことで興奮し、驚きや喜びを感じます。彼らは自由にアートを楽しみ、自己表現の手段として活用します。

何よりも、幼児たちは造形教室での活動を通じて自身の感じ方や思考力を深めていきます。例えば、色を混ぜ合わせて新しい色を作ることや、形を組み合わせて自分だけの作品を作ることに挑戦します。このような活動を通じて、彼らは自らのアイデアを具現化し、創造力を育むことができます。

また、造形教室では他の幼児たちとの交流がもたらされます。彼らはお互いの作品を見たり、意見を交換したりすることで、社会的なスキルも養います。協力や共有の喜びを経験し、相手のアートに触れることで新たな視点を得ることができます。

その上、幼児たちは自分の作品を家族や友人に自信を持って披露することができます。誇りを持ちながら作品を見せる体験は、自己肯定感の向上につながります。さらに、幼児たちは自分の作品を通じて他者からの称賛や感謝の言葉を受け取ることで、自己効力感を高めることができます。

幼児たちは造形教室での活動を通じて、感性と思考力を発揮し、自己表現の場を楽しんでいます。子供たちにとって、造形教室は自身の成長と発展に不可欠な存在です。その意義と重要性を理解し、幼児の心を豊かにするために、これからも造形教室の活動が重要視され続けることでしょう。

家庭でできる簡単な造形活動

造形教室に連れて行けない日でも、家で一緒に楽しむための簡単な造形活動をいくつか紹介します。

家庭での手作り粘土

造形教室に連れて行けない日でも、家庭で幼児と一緒に楽しめる簡単な造形活動があります。その中でも手作り粘土は、身近な材料を使用して楽しむことができる手軽な活動です。

家庭での手作り粘土の材料は、一般的な調味料や食品で作ることができます。例えば、小麦粉、塩、水、油を混ぜ合わせるだけで簡単に作ることができます。この手作り粘土は安全で食べても害はありませんが、食べ物ではないことを幼児にしっかりと伝えておく必要があります。

手作り粘土の活動では、幼児が想像力を発揮し、創造性を育みます。彼らは粘土を好きな形に練り上げ、模造紙やマーカーで彩りを加えることができます。幼児たちは自分自身の思いついたキャラクターや動物を作り上げることで、自己表現の手段を見つけます。

この手作り粘土の活動は、幼児の手先の発達や細かなモーションの向上にも役立ちます。粘土を形づけるために手を使い、力の調節や指先の感覚を養うことができます。また、幼児は粘土を扱う中で形や質感、色についての感覚も磨かれます。

さらに、手作り粘土は家族との共同作業や交流の機会を提供します。幼児と一緒に粘土を作り、互いの作品を見せ合ったり、アイデアをシェアしたりすることで、コミュニケーション能力や協力の大切さを学びます。

家庭で手作り粘土の活動を行うことは、造形教室の代替手段としても有効です。幼児が自宅で楽しめる簡単な手作り粘土の活動は、創造力や手先の使い方の向上だけでなく、家族との絆や楽しい時間をもたらします。幼児の成長をサポートするための家庭での造形活動として、手作り粘土はおすすめです。

紙の折り紙

家庭で幼児と一緒に楽しめる簡単な造形活動として、紙の折り紙があります。紙一枚で様々な形や動物を作り出すことができる折り紙は、幼児の創造力と集中力を刺激します。

紙の折り紙は、色と形を使って物語を作り出すことができる活動です。折り紙の単純な形や折り方を組み合わせることで、幼児は自分だけのキャラクターや動物を創り出します。彼らは創造力を発揮し、自己表現の一環として折り紙を楽しむことができます。

折り紙の活動は、幼児の手先の使い方を発達させるのにも役立ちます。小さな指先を使って正確に折り目をつけることや、紙を折り重ねることで手先の細かな動きを鍛えます。また、幼児は折り紙を扱う中で空間認識や模様の観察力などを発達させることができます。

折り紙は家族との共有の喜びをもたらします。家族で一緒に折り紙の作品を作り、互いの作品を見せ合ったり、アイデアをシェアしたりすることで、コミュニケーションや協力の重要性を学ぶことができます。また、折り紙を通じて家族との共同作業による絆を深めることもできます。

折り紙は手軽に始められる活動です。本やインターネット上には、簡単な折り方の手順やアイデアがたくさんありますので、初めての方でも気軽に取り組むことができます。

家庭での折り紙の活動は、幼児の創造性と手先の使い方を促進し、家族との交流を豊かにします。幼児は自分自身のアイデアや想像力を形にしていく過程で、自信や自己表現の手段を見つけることができます。家庭での折り紙の活動は、造形教室に連れて行けない日でも幼児の成長と発展をサポートする素晴らしい選択肢です。

幼児に適した造形教室の選び方

幼児に最適な造形教室の選び方について、親が注目すべきポイントを解説します。

安全性の確認

幼児に適した造形教室を選ぶ際には、安全性の確認が非常に重要です。幼児はまだ発達途上にあり、安全対策がしっかりと施された環境で活動する必要があります。

まず、教室の安全性について注目すべきポイントは、設備や用具です。幼児が触れるものは、丈夫で安全なものであるべきです。例えば、割れない素材でできた道具や、丸みのあるエッジを持つ家具などが適しています。また、作業スペースは広く、トリップや転倒の危険を最小限に抑えられるように整備されていることも重要です。

教師の経験や資格も安全性を確認する上で重要です。幼児のケアと指導に関する経験がある教師は、幼児の特性や行動に理解を持っており、適切なサポートや指導を行うことができます。また、教師の資格や教育背景も参考になります。専門的な知識とスキルを持つ教師は、教室内での安全性管理にも十分な注意を払うことができます。

また、衛生面の安全性についても注意が必要です。教室の清潔さや衛生管理の徹底は、子供たちの健康を守るために欠かせません。定期的な清掃や手洗いの促進、飲食物の取り扱いについてのルールなど、教室が衛生的な環境を提供しているか確認しましょう。

幼児にとって安全な環境での活動は、健全な成長と発達の基盤となります。安全性の確認は、造形教室を選ぶ際に絶対におろそかにしてはならないポイントです。子供たちが安心して創造的な活動に取り組める環境を選ぶことで、彼らの成長と安全をしっかりと守りましょう。

カリキュラムの確認

幼児に適した造形教室を選ぶ上で、カリキュラムの確認も非常に重要です。幼児の成長段階に合わせた適切なカリキュラムが提供されているかを確認することは、幼児の学習と発達を促進する上で欠かせません。

幼児の学習は遊びを通じて行われることが多いため、カリキュラムは多岐に渡る活動を提供していることが望ましいです。絵画や造形、クラフトなど、様々なアート活動に触れる機会があることが重要です。幼児たちは自由な発想と創造力を存分に発揮し、自己表現を通じて成長していきます。

カリキュラムの柔軟性もチェックする必要があります。幼児は成長段階や興味の変化に合わせて学習するため、カリキュラムが柔軟に対応できることが望ましいです。それに加えて、幼児が自身のアイデアを形にする機会や、自由な表現活動を行うための時間が設けられているかも確認しましょう。幼児の自主性と意欲を尊重し、自己肯定感を育むことが重要です。

また、カリキュラムには年齢に応じた目標や達成度が明確に示されていることも重要です。幼児の成長と発達は個人差がありますので、カリキュラムが幼児の個別のニーズを考慮し、個々の進捗状況に合わせたサポートを提供していることが理想的です。

カリキュラムの確認は、幼児の学習の質と効果を向上させるために重要なステップです。幼児期は成長と発達が飛躍的に進む時期であり、適切なカリキュラムを通して彼らの学びを最大限に引き出すことができます。幼児の個性や能力を尊重し、彼らが楽しみながら学べる環境を提供するカリキュラムを選びましょう。

幼児が造形教室で習う主なスキル

幼児が造形教室で何を学ぶのか、重要なスキルと経験について解説します。

手先の使い方

幼児が造形教室で学ぶ主なスキルの一つに、手先の使い方があります。造形教室では、幼児たちは手を使って物を作ります。この活動を通じて、彼らは手先の細かな動きや調整、力の塊り方など、手先の使い方を向上させます。

具体的な活動として、粘土や紙を使った造形活動が挙げられます。幼児は指先を使って粘土をこねたり、押し出したりすることで、手先の感覚を磨いていきます。粘土をしっかりと握り、形をつくりながら、手先の筋力と指の動きを鍛えることができます。

また、紙を使った折り紙や切り絵の活動も幼児の手先の使い方を促進します。紙を丁寧に折りたたんだり、はさみを使って細かなラインを切ったりすることで、手の器用さや正確性が向上します。さらに、色と形を考えながら紙を扱うことで、手先の動きと視覚的な認識を結びつけるトレーニングも行えます。

手先の使い方を磨くことは幼児にとって重要なスキルです。手先の動きの発達は、日常生活での自立や学習にも直結します。また、手先を使って物を作ることは、幼児の創造力や表現力を育む上でも重要です。彼らは自分のアイデアを具現化し、自分自身の世界を創り出すことによって自己表現の手段を見つけます。

幼児が造形教室で手先の使い方を学ぶことは、身体的な発育と精神的な成長にとって大きな意味を持ちます。手先の器用さや正確性は、日常生活の様々な場面で役立つばかりでなく、創造的な活動や学習においても重要な役割を果たします。造形教室での手先のトレーニングは、幼児の成長と発達をサポートする貴重なスキルです。

創造性と表現力

造形教室での活動を通じて、幼児の創造性と表現力が育まれます。幼児たちは自由なアイデアを形にすることで、創造的な思考を養います。彼らはさまざまな素材や道具を使って自分自身の世界を表現し、独自のアート作品を生み出します。

造形教室では、自己表現の場が提供されます。幼児は自分の感じたことや思いをアート作品に込めることで、内面の世界を表現する方法を見つけます。彼らは思いついた物語やキャラクターを具現化し、自分だけの個性を発揮することができます。この自己表現の過程は、彼らの創造性と表現力を育む重要な一環です。

さらに、自由なアイデアを形にすることで、幼児の創造力が高まります。彼らは素材や色、形を使って自由な発想を展開し、独自の作品を生み出します。このような活動を通じて、幼児たちは常識にとらわれずに、新しい視点やアプローチを見つける能力を養います。彼らの創造力は無限であり、未来の可能性を広げていきます。

また、造形教室では他の幼児たちとの交流も提供されます。彼らはお互いの作品を見たり、アイデアを共有したりすることで、他者との関わりを深めます。他の幼児の作品やアイデアに触れることで、新たな刺激を受け、発想の幅を広げることができます。

創造性と表現力は、幼児の自己確認と成長において重要な役割を果たします。自分自身のアイデアを形にする喜びや満足感は、幼児の自信や自尊心の向上にもつながります。また、創造性や表現力は、将来の問題解決やアート活動においても必要なスキルです。

幼児が造形教室で創造性と表現力を養うことは、彼らの個性を開花させ、才能を伸ばす大きなチャンスです。自己表現の場を提供し、他者との交流を通じて刺激を受けることで、幼児の創造力と表現力はさらに向上していきます。造形教室は、幼児の成長と発達において欠かせない貴重な体験の場です。

家庭でできるフォローアップ

幼児が造形教室で学んだことを、家庭でも支援する方法を紹介します。

一緒に作る

幼児が造形教室で学んだことを、家庭でも一緒に作ることでフォローアップすることはとても重要です。家庭での一緒に作る時間は、幼児の創造力と成長を支援する貴重な機会です。

幼児が学校で作った作品を家庭でも一緒に作ることで、彼らは学んだことを振り返ることができます。彼らは作品を見ながら、思い出や思い出したことを家族と共有します。一緒に作ることで、彼らの創造力を更に刺激することができます。

共有の時間を過ごすことで、家族にとっても特別な絆が生まれます。幼児は自分の作品を家族に見せることで、認められた喜びを感じることができます。家族が彼らの作品に興味を持ち、共感し、称賛することは、彼らの自信と自尊心を高めるのに役立ちます。

さらに、一緒に作ることで幼児の創造力を引き出すことができます。家族と一緒にアイデアを出し合い、素材や色を選びながら作品を作り上げていく過程は、幼児が自分のアイデアを具現化する機会です。家族のサポートや協力を受けながら、彼らは自分自身の可能性を広げることができます。

一緒に作る活動は、家族のコミュニケーションと絆を深める素晴らしい機会です。幼児と一緒にクリエイティブな時間を過ごすことは、家族が共通の目標に向かって協力する経験でもあります。お互いのアイデアを尊重しながら、作品を作り上げることで、協力と協調性を育むことができます。

家庭で一緒に作ることは、幼児の創造力と成長をサポートする重要な活動です。彼らが造形教室で学んだことを家庭でも継続することで、創造力や表現力の発展を促進することができます。家族との共有の時間を大切にし、幼児の成長を家庭でも支援しましょう。

作品の展示

幼児が造形教室で作った作品を家庭で展示することは、彼らの創造力と自尊心を育むための素晴らしい方法です。作品の展示は、幼児に完成感や誇りを感じさせ、自己肯定感を高めることができます。

作品を家庭で展示することは、幼児にとって非常に重要な体験です。彼らは作品を見るだけでなく、自分の名前や作品のテーマを書いたラベルを作ることもできます。また、額縁やディスプレイボードを使って、作品を特別な場所に飾ることもできます。自分の作品が特別な場所に飾られていることで、彼らは自信を持ち、自己価値を感じることができます。

作品の展示は、家族や友人との共有の機会を提供します。幼児は家族や友人に自分の作品を誇りに思ってもらうことで、共有の喜びを感じることができます。また、他の人の作品を見ることで、異なるアイデアやアートの形式に触れることができます。これにより、幼児の創造力や表現力はさらに豊かに発展します。

作品の展示は、幼児の自己肯定感と自己評価を高めることにも繋がります。自分が作った作品を認められることで、彼らは自己価値を肯定し、自身の能力や才能に自信を持つことができます。また、作品を展示することで他者からの称賛や感謝の言葉を受けることがあります。これにより、幼児は自尊心が向上し、自己肯定感が高まります。

作品の展示は、幼児の成長と表現力の一環として重要な役割を果たします。家庭で作品を飾ることで、幼児は自己表現の喜びや創造的な活動に参加することの意義を実感することができます。作品が家庭で常に見える場所にあることで、彼らの創造力が日常生活に影響を与えることもあります。

作品の展示は、幼児の創造力と自己肯定感を土台として、より豊かな成長を促します。家庭で作品を飾り、共有することで、幼児の自己表現の重要性を強調し、彼らの才能と能力を支援しましょう。

幼児の成長に対する期待

最後に、アートの力を通じて幼児が得ることができる視野や可能性について考えてみましょう。

創造する喜び

創造する喜びは、幼児が造形教室で得られる大切な経験の一つです。幼児は物を作ることやアイデアを形にすることで、自身の可能性を広げる喜びを感じることができます。

創造する喜びは、自分自身のアイデアや想像力を形にすることで生まれます。幼児は素材や色、形を選び、自分なりの方法で物を作り出すことで、自己表現の手段を見つけます。これにより、彼らは自身の内面世界を外に表現し、他の人との共感を得ることができます。

また、作品を完成させる過程での喜びも大きなものです。幼児はアイデアを形にするために試行錯誤し、工夫を凝らすことがあります。その過程で壁にぶつかったとしても、挫けずに取り組むことで自信を持ち、困難を乗り越える喜びを味わうことができます。

創造する喜びは、自己成長と自己肯定感をもたらします。幼児が作品を完成させた際には、自分自身の成果を認め、自尊心を向上させることができます。彼らは自分の作品を家族や友人と共有し、称賛や感謝の言葉を受けることで、さらに喜びを感じることができます。

さらに、創造する喜びは幼児にとっての学びと成長の基盤ともなります。創造することで彼らは問題解決力を養い、工夫と発想力を高めることができます。また、創造する喜びは自律性や自主性を育む上でも重要な要素となります。幼児は自分自身のアイデアを具現化し、自己効力感を高めることで、学びへの意欲と自信を得ることができます。

創造する喜びは、幼児の人間としての成長と幸福感を育む重要な要素です。造形教室を通じて、幼児は想像力と創造力を存分に活用し、自己表現の喜びを追求することができます。彼らの創造する喜びを支援し、より多くの経験と成長の機会を提供することが、幼児の心を豊かに育む一歩となります。

思考力と問題解決スキルの向上

幼児が造形教室で創造的な活動に取り組むことは、思考力と問題解決スキルの向上につながります。創造的な活動では、幼児は自分自身のアイデアを形にするために、論理的な思考や問題解決のスキルを駆使します。

創造的な活動は、幼児の思考力を養う上で重要な役割を果たします。幼児はアイデアを形にするために、物事を考える力や将来の結果や影響を予測する力を発展させます。また、材料や手法を選ぶ過程で、選択肢を比較し、最適な組み合わせを見つけ出すことで、論理的な思考スキルも向上させます。

さらに、幼児は創造的な活動において問題解決スキルを発展させます。彼らはアイデアを形にする際に様々な困難に直面することもあります。しかし、それらの困難を乗り越えるために、工夫や試行錯誤を重ねながら解決策を見つけ出します。このような経験を通じて、幼児は柔軟な思考と問題解決能力を育むのです。

幼児の思考力と問題解決スキルの向上は、幼児期の重要な目標の一つです。これらのスキルは将来の学習や生活においても不可欠です。創造的な活動を通じて、幼児は自身のアイデアを形にする喜びを体験し、同時に思考力と問題解決スキルを向上させます。

幼児が造形教室で思考力や問題解決スキルを養うことは、彼らの学びと成長にとって重要な一環です。創造的な活動を通じて幼児が自分自身のアイデアを追求し、困難を乗り越えながら成果を得ることは、彼らの自信と自己効力感を高める上でも大きな意義があります。造形教室は、思考力や問題解決スキルの向上に貢献する素晴らしい場です。

さらなる情報源

最後に、さらに詳しく学ぶための信頼できる情報源を紹介します。

公共図書館

公共図書館は、さらなる学びと知識を追求するための素晴らしい情報源です。幼児にとっても公共図書館は造形教育に関する豊富な資料や参考書を提供しています。

公共図書館には、幼児向けの造形教育に関連する書籍や参考資料が豊富に揃っています。絵本や工作キット、手作りのアイデア集など、幼児が創造性や表現力を育むための情報が丁寧に整理されています。公共図書館は無料で利用できるため、幼児と一緒に訪れて多くの資料を探しましょう。

また、公共図書館では定期的にワークショップやイベントが開催されることもあります。これらのイベントでは、幼児が楽しみながら創造的なアート活動に参加する機会が提供されます。ワークショップでは専門の講師が指導し、幼児の創造力を引き出すための具体的なアクティビティが行われることもあります。

公共図書館を活用することで、幼児は造形教育に関するさまざまな情報に触れることができます。また、公共図書館は静かで心地よい学習環境を提供しているため、幼児が集中して学びを深めることができます。

幼児の造形教育において公共図書館は貴重なツールとなります。多くの情報源が利用できることで、幼児は創造的な活動に必要な知識や技術を得ることができます。公共図書館は地域の宝とも言える存在であり、幼児の成長と学びをサポートするために積極的に活用しましょう。

オンラインリソース

オンラインリソースは、幼児の造形教育に関する情報を得るための貴重な手段です。インターネット上には多くのウェブサイトやオンラインコミュニティが存在し、幼児の創造性と表現力を育むための情報を提供しています。

オンラインリソースを活用することで、幼児と一緒に自宅で簡単なアート活動を楽しむことができます。例えば、ブログや動画サイトからアイデアを得たり、手作りのクラフトキットをオンラインで購入したりすることができます。幼児と一緒にオンラインリソースを探し、新しいアイデアや技術を取り入れることで、幼児の創造力をさらに発展させることができます。

また、オンラインのコミュニティやSNSグループに参加することも、幼児の創造性を刺激するための方法です。そこでは他の親子のアート作品を見たり、アイデアを交換したりすることができます。幼児が他の作品やアイデアに触れることで、より広い視野を持つことができ、創造力を豊かに育むことができます。

オンラインリソースを使いこなすためには、信頼性のある情報源を選ぶことが重要です。公共図書館や専門のウェブサイト、教育機関の提供するオンラインコンテンツなど、信頼できる情報源を利用することをおすすめします。また、幼児と一緒にオンライン活動を行う際には、セキュリティとプライバシーに配慮し、適切な監視と指導を行うことも重要です。

オンラインリソースは、幼児の造形教育において便利な手段となっています。インターネットを通じて幼児と一緒にアート活動を楽しむことで、創造性や表現力の向上を促すことができます。ただし、適切な情報源を選び、安全なオンライン環境を確保することを忘れずに取り組みましょう。

さいごに

最後に、造形教室が幼児の成長に与える影響と価値について評価します。

造形教室の意義

造形教室は、幼児にとって自己表現の場であり、独自性と創造性を発揮する環境です。幼児の創造力や思考力、自己肯定感の向上に大きな役割を果たします。また、造形教室に参加することで、幼児は他の子供たちとの交流を通じて社会的スキルを学びます。創造的な活動を通じて、幼児は自己の可能性を広げ、将来の学びや成長にとって重要なスキルを身につけることができます。造形教室は、幼児の成長と発展に不可欠な存在であり、創造的な喜びと学びを提供する素晴らしい場所です。

持続性のある学び

造形教室での学びは、単なる技術的なものだけではなく、生涯にわたって役立つスキルにつながります。持続性のある学びは、幼児が造形教室で培った創造性や思考力、自己肯定感が、将来の成長や学習においても維持されることを意味します。

幼児が造形教室で創造的な活動に取り組むことで身につけるスキルは、単なる絵を描く技術や作品を作る能力だけにとどまりません。彼らは思考力や問題解決スキル、発想力を高めることで、どんな場面でもクリエイティブな解決策を見つける力を養います。また、自己肯定感が高まることで、自分の意見やアイデアを自信を持って表現することもできます。

これらのスキルは、学校や社会で幅広い領域で役立ちます。例えば、創造的な問題解決は学校の課題に応用するだけでなく、日常生活や仕事においても重要です。思考力や発想力を活かして新しいアイデアを生み出し、効果的な解決策を見つけることができます。また、自己肯定感が高まっている幼児は、他の人とのコミュニケーションや協働作業においても積極的に関与することができます。

持続性のある学びは、幼児が適応力のある人間として成長するために欠かせません。造形教室での経験は、彼らの人生の中で一時的な活動ではなく、持続的な学びの機会として取り組むことが重要です。幼児は造形教室で学んだスキルを発展させ、将来の学校やキャリアに生かすことができます。また、創造的な喜びを感じながら学び続けることで、自己成長を促し、人生のさまざまな場面で活躍できる準備を整えることができます。

したがって、造形教室での学びは単なる一時的な活動ではなく、持続的な学びの基盤としての役割を果たしています。幼児は創造性と思考力を養いながら、将来の成長と学習においても持続して発展していくことが期待されます。持続性のある学びを重視し、造形教室のスキルを日常生活に活かすことで、幼児はより豊かな未来を築くことができます。

そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室
ロゴ
創作活動を通じて自己肯定感を高め、新しいスキルを身につけながら創造的な問題解決に取り組むサポートを造形教室として行っています。創造性を育む環境を名古屋でご用意して、お越しをお待ちしています。
そうゆうのき 創遊の樹 鹿山教室

〒458-0045

愛知県名古屋市緑区鹿山3-1

鹿山グリーンハイツ1F C